コラム| 東武練馬駅で歯科・歯医者をお探しの方はリッツ歯科・口腔クリニックまで

時間
9:30~13:30
15:00~20:00

★:土日午後は18:00まで
最終受付は終了30分前まで
休診日:火曜・祝日

〒175-0083 東京都板橋区徳丸3-1-6

  • 地図

顎関節症の治療は口腔外科へ

皆さんこんにちは。

リッツ歯科・口腔クリニックです。

 

口を開くと顎が痛い」「口が大きく開かない」など、顎の関節周囲に異常がある場合は、「顎関節症」が疑われます。

 

治療を受けず放置すると、さらなる症状の悪化を引き起こすことがあるので、とりあえず一度、医療機関を受診しましょう。

 

受診先として適切なのは「歯科口腔外科」です。

 

顎関節症とは?

顎関節症とは、「顎の関節やその周囲の筋肉にさまざま異常」が現れる病気です。

 

現代の「日本人によく見られる病気」で、軽度であれば積極的な治療は必要ありません。

 

けれども、中等度から重度の顎関節症は、歯科口腔外科での適切な治療が必要となります。

 

顎関節症の症状について

顎関節症の代表的な症状といえば「クリック音」ですね。

 

口を動かした際に顎の関節が「ポキポキ」となる現象です。

 

ジャリジャリ」となる場合を「クレピタス音」といい、これもまた顎関節の異常を現わしています。

 

その他、口を大きく開けなくなる「開口障害」や顎が痛む「そしゃく筋痛」や「顎関節痛」などがあります。

 

こういった顎関節に関連した異常が認められたら、当院の口腔外科までお越しください。

 

顎関節症の治療法

顎関節症は、患者さまそれぞれで原因が異なります。

 

ですから、治療の方法もケースバイケースといえるでしょう。

 

一般的には「ナイトガード」と呼ばれるマウスピースを使って、歯ぎしりや食いしばりを抑制します。

 

その結果、顎関節への負担が軽減されて、顎関節症の症状も和らいでいきます。

 

かみ合わせの異常に由来する場合は、かみ合わせの調整を行います。

 

当院では「歯科用CTを用いた3次元的な画像診断」が可能ですので、治療も精密に行うことができます。

 

まとめ

このように、顎関節症というのは、歯科口腔外科で診断、治療が受けられる病気ですので、お困りの際はリッツ歯科・口腔クリニックまでご連絡ください。

 

口腔外科の専門医が精密に診断し、適切な治療をご提案します。

 

場合によっては治療が不要なこともありますので、まずは現状を把握することが大切です。

 

ページトップへ