コラム| 東武練馬駅で歯科・歯医者をお探しの方はリッツ歯科・口腔クリニックまで

時間
9:30~13:30
15:00~20:00

★:土日午後は18:00まで
最終受付は終了30分前まで
休診日:火曜・祝日

〒175-0083 東京都板橋区徳丸3-1-6

  • 地図

親知らずの抜歯は痛い?どんな方法で抜くの?

皆さんこんにちは。

リッツ歯科・口腔クリニックです。

 

親知らずの抜歯は、歯を抜いた経験がない人にとって、とても不安なものかと思います。

 

顎の骨にしっかりと埋まっている歯を人為的に抜き取るのですから、「怖い」と感じる方もいらっしゃることでしょう。

 

そこで今回は、「親知らずの抜歯の手順」についてわかりやすく解説します。

 

カウンセリングと事前検査

親知らずの抜歯は、「事前の診査・診断」によって決定します。

 

お体に特段の問題がなければ、その日に抜くこととなります。

 

当日の体調が悪かったり、お時間がなかったりする場合は、次回に回すこともあります。

 

いずれにせよ患者さまときちんと「話し合った上で抜歯の日程等を決定」しますのでご安心ください。

 

麻酔処置による痛みの緩和

親知らずの抜歯では、基本的に痛みを感じることはありません。

 

なぜなら、「事前に局所麻酔を施す」からです。

 

下の顎の親知らずでは、神経のブロックである「伝達麻酔(でんたつますい)」を行うこともありますので、より痛みを感じにくい状態となります。

 

専用の器具で親知らずを抜き取る

親知らずは、抜歯鉗子(ばっしかんし)と呼ばれるペンチのような器具で抜き取ります。

 

歯ぐきに半分待っているようなケースでは、「歯ぐきの切開」が必要となります。

 

真横に生えているようなケースでは、歯を分割して抜き取ることもあります。

 

傷口を縫合して終わり

親知らずを抜きとったら、出血を止めて縫合します。

 

それから「1週間ほど経過してから抜糸」を行います。

 

ちなみに、当院には日本口腔外科学会の口腔外科認定医が2名おりますので、難しい症例の抜歯でも、安全かつ確実に実施することができます。

 

必要に応じて「歯科用CTによる精密検査」も実施します。

 

親知らずの症状でお困りの際は、いつでも当院までご相談ください。

 

まとめ

このように、親知らずの抜歯というのは、基本的に痛みを感じることはありません。

 

また、手順も至ってシンプルなので、それほど不安に感じることもありませんよ。

 

抜歯が必要な親知らずはできるだけ早期に抜いた方が良いので、まずは当院までご連絡ください。

 

ページトップへ