コラム| 東武練馬駅で歯科・歯医者をお探しの方はリッツ歯科・口腔クリニックまで

時間
9:30~13:30
15:00~20:00

★:土日午後は18:00まで
最終受付は終了30分前まで
休診日:火曜・祝日

〒175-0083 東京都板橋区徳丸3-1-6

  • 地図

子どものむし歯が永久歯に悪影響を及ぼす理由

皆さんこんにちは。

リッツ歯科・口腔クリニックです。

 

子どもの歯である「乳歯のむし歯を放置してはいけない理由」として、次に生えてくる永久歯への悪影響が挙げられます。

 

けれども、乳歯のむし歯がなぜ永久歯に悪影響を及ぼすのか、不思議に思われる方も少なくないかと思います。

 

そこで今回は、子どものむし歯が「永久歯に悪影響を及ぼすメカニズム」をわかりやすく解説します。

 

むし歯は細菌感染症の一種

意外にわすれがちな点ではありますが、むし歯は風邪のような「細菌感染症」の一種といえます。

 

ミュータンス菌に代表されるむし歯菌が歯の表面に感染し、歯を溶かしていくのです。

 

そのため、大人の歯のむし歯を放置していると、「隣の歯まで感染が広がる」ことがありますよね。

 

そこでイメージしていただきたいのが乳歯列期の顎の骨の状態です。

 

乳歯のすぐ下には永久歯が控えている

レントゲンなどで撮影するとわかりますが、それぞれの乳歯のすぐ下には、「後続永久歯(こうぞくえいきゅうし)」と呼ばれる大人の歯が顎の骨の中で控えています。

 

時期によっては接するぐらい近くに存在していることもあります。

 

ですから、乳歯がむし歯になると、その感染がすぐ下の「永久歯にまで広がる」というのは、容易に想像できますよね。

 

永久歯はむし歯の乳歯から遠ざかろうとする

健康な乳歯は、ある時期を迎えると下に控えている永久歯に圧迫されることで歯根が吸収し、やがては「自然に脱落」します。

 

けれども、重度のむし歯にかかっていると、永久歯はそれを避けるように移動します。

 

あるいは、「生えてきてはいけない」というサインを受け取り、いつまでも顎の骨の中にとどまることもあるのです。

 

その結果、乳歯がなかなか抜け落ちない、永久歯が生えてこないといったトラブルを引き起こしてしまうのです。

 

まとめ

このように、子どもの歯のむし歯を放置して重症化させると、次に控えている永久歯が生えてこなかったり、その発育を阻害してしまったりするので十分注意しましょう。

 

そうならないためにも、当院では乳歯のむし歯予防に力を入れております。

 

ページトップへ